赤ちゃん

投稿日:

 , , , ,

赤ちゃんのおもちゃを落とさせない!便利なおもちゃホルダーが人気。

おもちゃホルダー

赤ちゃんや幼児はよく物を落とします。

落としたものを拾ったあと、すぐにまた落として…。こっちを困らせているのかなぁ、とか思うのですが実はこの行動には意味があります。

一見あなたから見れば意味のない行動でも、子供にとっては落としたものが音を立てる、どこかへ行く、その出来事そのものが新鮮で、面白おかしいんです。

とはいえ、家の中ならまだしも、外でもやれては困りますよね…。

そんな悩みを解決するおもちゃホルダーが今大人気です!

リルサイドキック おもちゃホルダー

今実店舗やAmazon等でも品切れが相次いでいるというのが、リルサイドキック(Lil Sidekick)のおもちゃホルダー。

おもちゃホルダーイメージ

60cmのひもの両端を穴に通す事で、上図のようにおもちゃやペットボトルなどを固定する仕組みです。

元々はアメリカのお母さんが開発した商品で、その子供の男の子が物を投げるのが大好きだったとのこと。

そこで物を落とさないようなストラップが欲しかったのですが、売っているのは布のストラップばかり。ストラップ自体をなめる事も多く、清潔さを維持できる商品が欲しかったことから生まれました。

衛生重視で口に入れても安心

このおもちゃホルダーは、材質がBPAが含まれていないゴム(BPAフリー)。BPAとはビスフェノールAという化学添加物で、様々なプラスチックの合成に使われていますが、米国やヨーロッパでは有害物質指定の危ない物質です。

それが含まれていないため、子供が噛んだり口に入れたりしても安全なんです。

しかも食洗器へ入れても問題なし!いつでも洗って清潔に保てます。

大きさは19段階に調整可能。でもちょっと固いとの話も

おもちゃホルダーそのものは次のように60㎝の長さです。2㎝間隔で19個の穴が開いており、そこに両端の突起を差し込んで使います。

ゴムがしっかりとしており、一度巻いたものはしっかりと固定されますが、ちょっと巻きにくいとの口コミもあります。

おもちゃホルダーの大きさ

個人的にはしっかり固定されて満足です。子供たちが落としたものでケガしたりするくらいなら、親が多少不便を被る方が良いですね。

利用シーンは様々

ベビーベッドや、ベビーチェア、ベビーカー等、赤ちゃんと一緒に過ごすもの全てに巻き付けておくことができます。

おもちゃホルダーの利用シーン

特にベビーカーの取っ手に付けられるのが嬉しいですね。すぐにおもちゃを取り出せますし、かごの中にしまい込む必要もなくなります。

まとめ

おもちゃを落として足を汚したり、壊れたものを踏んで怪我したりするくらいなら、落とさないようにしておくのも1つの手です。

子供の関心は落としたものがどうなるかを見たい事。決して落ちなかったからといって、子供にとって悪い影響を与えるわけではありません。
外で物が落ちてどっかにいってしまう、汚れてしまって汚いものを口にしてしまうことを考えれば、こういった紐で固定しておいた方が安心です。

今ならAmazonベビー用品フェアが9/25まで開催されており、20%オフで購入できます!商品画面からクーポンを選択してくださいね!

Amazon20%オフ

以上!







-赤ちゃん
-, , , ,

Copyright© コドモギフト , 2019 All Rights Reserved.